category: 母・義父母  1/3

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

義父は永遠の眠りにつきました

No image

先月から入院していた義父が5月12日早朝息を引き取りました。苦しまなくて穏やかに、眠るように旅だったと私は思っています。良い人生を歩まれたと思います。早朝4時すぎ呼吸がおかしいと病院から呼び出しがあり、4時半に病院についたときは下顎呼吸が始まっており、約2時間後に義母、私たち夫婦、親しい親族の見守る中息を引き取りました。一度大きな息をして呼吸が無くなり、その後何回か呼吸があり、また無くなり、旅立って行...

  •  2
  •  0

義父が閉塞性動脈硬化症になる

No image

わたしと夫はGWは東京に。入院後は、比較的安定して連休前までは炎症反応も治まっていました。義父が入院したのが4月4日なのでもう一ヶ月経ちました。義母は疲れが取れないのかどうか、病院へは行ってないのですが、この連休は次男一家が帰ってきたので一緒に病院へ行きました。義母様は何を感じたのでしょう。義父はこの日までの経過は良かったのですが、新たな問題が起こりました。閉塞性動脈硬化症です。最悪の場合、足を切断す...

  •  0
  •  0

メールを拒否した日

No image

実家の母に心でさようならして何度メールが来たかしら。今までの**を全部返して今まで育てるのにかかった**を返してとか、悲しいね。今日はお隣さんから長いお手紙が来ました。どうやら兄は外国暮らし、叔母は病気ということになっているらしい。兄も叔母も母とさようならして10年以上は経つ。今日はあんまり悲しくて、とある人権相談センターに相談しました。お母様と距離を置かないとあなたが潰れるわって言われました。夫も...

  •  2
  •  0

さようなら、お母ちゃん

No image

今世の中では小保方さんのSTAP細胞の論文問題の話題で持ちきりです。理系女の端くれの私の見解では、実験ノートで言うならば5冊とかはありえません。1つの実験でコンピューター処理をするならばコンピュター用紙を1000枚は要した感じだったからね。もう30年前に話ですから今は違うかもしれません。この小保方さん、もしかしたらちょっと困ったちゃんなのかもしれませんね。天才なのかな・・・ボーダーラインなのかな・・・みん...

  •  2
  •  0

後ろめたさ

No image

母の事がずっと気になっています。昨年娘と行ったきりで行っていません。お正月も大事なお客様が来てて行けなかった。あれこれ理由をつけて避けてる自分。パパが一人で行くなっていうのをいいことに、実際母と二人きりになるのが怖いのです。でも行かなきゃって、、、心の中では『ゴメンネ』って思っています。前もって行くよって言ったとき、お客様が来ていたり、デイサービスに行くからいないよ、なんて言われたり、母は私より周...

  •  4
  •  0

明暗

娘がお気に入りのおばあちゃんのところの猫です。今日母から10年一緒に暮らしていた愛猫が亡くなったとメールがきました。午前中は、亡き娘の親友から赤ちゃんが生まれたよ!ってメールがきました。明と暗です。にゃんちゃん、母と一緒にいてくれてありがとう。そしてお疲れ様でした。天国から母を見守ってください。...

  •  2
  •  0

母のところへ娘と行く

No image

愚痴です。娘が帰る1日前母のところへ行ってきました。お正月以来娘がおばあちゃんに会っていなかったので、おばあちゃんに会いたい!っていうので行くことにしました。母からは私はデーサービスに行くから、居ないよ、と返事が来ました。ああ、母らしいね。孫や娘よりデーサービスなのね。と思い今回は残念だけど、寄らないから、父の墓参りにだけ行ってくる。とメールしました。娘と孫が車で3時間半かけて行くのにデーサービス...

  •  2
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。