スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中年+危機=中年の危機 

2005, 08. 08 (Mon) 15:21

最近疲れるし、体力ないし、年とったな~と感じる。
先日筑紫哲也がテレビに出ていて彼は一体何歳なんだろうと思っていたら70歳だって事がわかった。70歳にしてあれだけ現役で仕事ができて元気でいられたらいいいと思った。彼の年になるまではもう少し時間がある。残りの人生どう生きようか。そんな事を考える年齢になったんだ。悲しいかな・・・人はそれぞれの年齢に応じた発達課題があって、、今何をどうすれば豊かな老後を迎えることができるのだろうか。中年街道を走っているわたくしままこの課題はなんだろう。中年って事を視野に入れるといつも中年の危機って奴が浮かんでくる。これは興味があって勉強していた頃に授業で教授が語っていたもっとも印象深い言葉である。これについては機会があればいつかお話しようと思ってます。若いあなたには関係ないようですね。


中年とは
一般的には,青年期と老年期の間の年齢層の人々を中年とよぶ。わが国では,中年期の明確な名称はなく壮年期,成人期ともよばれたりしている。だが,寿命の伸長とともに人生後半期が長くなったために,中年期をearly / young adulthoodとmiddle adulthoodと区別する場合もあるが,従来の中年期はmiddle adulthoodをさしている。中年期の人々を人の生涯のなかで何歳頃をさして定義するのかについては,日本では法律上,高年齢者雇用安定法(1971。86改正)に基づく労働省令は中高年齢者を45歳以上と定めている。しかしながら,日常生活上では中年期を30歳代から捉えていう場合もあるが,大体40~45歳頃から始まって65歳頃まで続く時期をさすことが多い。
 中年期では身体面の多くで生理的老化が始まるが,心理的側面では知能はもちろんのこと創造性,生産性,社会的活動等は最も活発に機能する時期である

 危機とは
災害,事件,事故,病気,家族の死などにより,何らかの変化が起こり,生活の均衡が崩れた状態である。このような危機に対応する,短期集中型の援助を危機介入とよぶ。危機状況では,それまでに身につけている習慣や方法で対処することが困難となる。危機を脱出するためには,従来の習慣を打破し,新しい習慣や状況を作り出さなければならないが,この際に介入し援助するためのカウンセリング技法も開発されている。
『有斐閣:心理学辞典より』

下線を引いた部分嬉しいじゃありませんか。そう思いませんか。


スポンサーサイト

- 8 Comments

月うさぎ  

ブログのデザインが変わってる!!
こっちのほうが、読みやすいね。前のより。
ペペチャンは何故か、わたしが訪問したとき
寝てます・・・どうして???たたき起こすぞ!!って書いてたら、起きてました "^_^"

2005/08/08 (Mon) 23:33 | EDIT | REPLY |   

ままこ  

ぺぺちゃんと遊んでくれてありがとう。
テンプレ求めて3千里です。
このテンプレどうかな~
見やすいと思うんだけど、、
きょうも何もせずPCとお友達だった。

2005/08/08 (Mon) 23:37 | EDIT | REPLY |   

なかめぐろ  

中年か…
確かに疲れやすいし、いろいろあるけど忍耐力とか判断力は良くなってるような気がします。経験値が上がっているんでしょうね。(ゲーム的な言い方かな?)
創造性が活発になるというのは初耳です。けっこういいじゃない、中年って(笑)。

2005/08/09 (Tue) 13:26 | EDIT | REPLY |   

ままこ  

>経験値が上がっているんでしょうね。
確かに。こう考えると中年も捨てたもんじゃないね。上の定義からいうとなかめぐろさんはまだ中年じゃないでしょう。

2005/08/09 (Tue) 15:19 | EDIT | REPLY |   

なかめぐろ  

やだー 中年ですよ(笑)
ん? 内緒にしといたほうが良かったかな?
捨てたもんじゃないですよ。きっと今だからこそできる事があるのかも。なんちゃって~(^^)

2005/08/09 (Tue) 16:46 | EDIT | REPLY |   

ままこ  

>日常生活上では中年期を30歳代から捉えていう場合もあるが。。。。
って言う事は常連さんは皆中年かしら

2005/08/09 (Tue) 18:27 | EDIT | REPLY |   

ながい  

>大体40~45歳頃から始まって65歳頃まで続く時期をさすことが多い。
いや、こっちを引用して頂きたい。。。

2005/08/09 (Tue) 22:51 | EDIT | REPLY |   

なかめぐろ  

むふふ
30代前半の時は、私も「中年」とは思ってませんでしたよ(^^)
息子の友達から「おばさん」と呼ばれるようになり、徐々に「中年」の自覚が・・・(^^;)

2005/08/10 (Wed) 18:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  発達
  • 発達心理学心理学における発達(:en:development)とは、一般に受精から死に至るまでの人の心身、及びその社会的な諸関係の量的及び質的変化・変容をいう。外国語の development、あるいはドイツ語の die Entwicklung は、巻いた絨毯のようなものを開いていくような行為、様
  • 2005.08.13 (Sat) 11:38 | 心理学探究
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。