スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花月 

2009, 11. 02 (Mon) 19:48

20091102130721.jpg   

今日お茶のお稽古に行くとちょっと変わったお手前をしていました。
5人いないと出来ないお手前?だそうです。

20091102130652.jpg 20091102130811.jpg  20091102132503.jpg 

七事式(しちじしき)という中の作法の一つで花月をいうものをしていました。
初心者の私は見学していました。
お札も使うのです。


七事式(しちじしき)
七事式(しちじしき) [ 日本大百科全書(小学館) ] .茶の湯修練のための式作法。本来、心技両面の錬成を目的として制定されたもので、七つの式作法からなっている。江戸中期ともなると、茶の湯も漸次遊芸化してきた。これを憂慮し将来を案じた表千家7世如心斎(じょしんさい)が、弟の裏千家8世又玄斎一燈(ゆうげんさいいっとう)と相談し、大徳寺の大竜和尚(おしょう)、無学和尚の教えを請い、また各方面の意向もいれ、協議を重ねて決定したもの。その着想の源は闘茶(とうちゃ)にあるといわれる。また七式の由縁は、中国宋(そう)代の仏書(1125完成)『碧巌録(へきがんろく)』の「七事随身」による。その構成は、花月(かげつ)、且座(さざ)、廻(まわ)り炭(ずみ)、廻り花、茶かぶき、一二三(ひふみ)、員茶(かずちゃ)の七つであるが、このうちの廻り炭は炉の季節で、他は無季。風炉(ふろ)は廻り炭のかわりに花寄せがある。七つの式のそれぞれには精神的な裏づけがあり、禅語で一つ一つ端的に要約されている。

花月 互換機鋒看子細

且座 是法住法位

廻り炭 端的底看

廻り花 色即是空凝思量即背

茶かぶき 于古于今截断舌頭始可知真味

一二三 修証即不無染汚不得

員茶 老倒疎慵無事日 閑眠高臥対青山

数人が一組になって楽しみながら修養を積むというこの七事式が確立したことによって、両千家に茶道修練上の一つの新機軸が開かれたといえる。

[ 執筆者:筒井紘一 ]

花月
花月(かげつ) [ 日本大百科全書(小学館) ] .能の曲目。四番目物。五流現行曲。世阿弥(ぜあみ)の伝書『三道(さんどう)』に記載のある古作の能。美少年に中世の流行芸能のさまざまを演じさせる趣向である。7歳の子と生き別れた男(ワキ)は僧となって全国を回り、京都へやってくる。清水(きよみず)寺で門前の者(アイ)になにか都のおもしろいものをと頼む。呼び出された少年花月(シテ)は、恋の小唄(こうた)、中世の流行唄(はやりうた)を謡い、清水寺の縁起をクセ舞に舞う。僧はわが子であることを知り、親子の再会となる。都の名残(なごり)にと花月は羯鼓(かっこ)を打って舞い、天狗(てんぐ)にさらわれて諸国を遍歴したありさまを語って、父子ともども仏道修行に旅立っていく。無邪気で明るく、これも中世に流行した禅の軽みを加え、美少年愛好の室町時代が匂(にお)い立つ小品の能である。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。