スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ5,6年の事など 

2012, 01. 22 (Sun) 16:59

6年前、亡き娘がガンに罹患して、その治療、経過を知るべく病気のブログ探し、あらゆる情報を得ようと毎日ネットサーフィンをしていた。いくつかの闘病ブログをお気に入りに入れた。それもひっそりと。コメントを書くことはなかったけれど、何度も何度もみた。でも亡き娘の事をここに書こうとは思わなかった。なぜなら告知をしてなかったし、・・・

それから、私はリレーフォーライフというものをしり、娘と同じ病気と闘う人たちのグループに入れてもらった。
それはみんなで歩きがんに立ち向かう日々の思いや体験を語り合い寄付を募るイベント。
悲しいかな、今はみんなと同じように座ったり歩いたり出来ないからここ3年ぐらい不参加だ。
みんな一生懸命闘っている。でも驚いたのはサバイバーの人たちが飲み会でタバコを吸っていたこと。びっくり!!
夫曰く、すごいストレスでそこから回避するために吸っている人もあると。

その流れなのか、未だに見ているブログがある。新たに見ているブログもある。
いろいろな方がいる。なくなった方も多数。ガンは亡くなる病気なんだと思わずにはいられない。
でも幸せなのかもしれないな。あの世にいくまでの準備がある。わたしは実のところ生きているのが辛い。
まだ結婚もしていない娘のためにもう少し生きなきゃいけないかな。生きていたらいいことあるっていうけど、わたしには何もないと思ってしまう。

未だ私はもやもやの世界から開放されていない。
ここ5、6年ぐらい、私はどうやって生きてきたのかあんまり思い出せない。
気がついたら東京から夫の所にやってきて、私はお店を始めていた。
次女は大学卒業して就職せず再度大学で勉強している。
2年前は膝の手術をして歩けなくて泣いていた。

そしてわたしは自分がとても嫌いで、老けて人前に出たくないと思っている。
事実、顔の劣化は顕著だ。
前は少しぐらいは自分が好きだったのに。

なんだかね。
ここの天気のせいか、開放されない。
自分のアイデンテイテイとか、どこに住めばいいの?とか
今までの生育とか、振り返っても仕方のなことが浮かんでくるのです。
老いた私と夫の親の事、今までよくやってきたよ。と思うのです。

まったくもって楽しくない。
消えてなくなりたい毎日なのである。
あなたは十分幸せよと人は思うだろう。
けど

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。