スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人をみて値段をつけるのか 

2013, 01. 25 (Fri) 22:27

店にとても近しい方にオーダーした物を受け取りに行って来ました。

久しぶりのその方は元気そうでした。

昨夜、これぐらいの値段でいいですか?と、メールがきて、いいよと返信。

心の中で高い!!と思いました。

案の定、出来は最悪、手抜きそのもの、絶句!

店で売っている4倍ぐらいの値段をつけられ、店の場合は手数料をもらうので実質的には5倍ぐらいの値がついていた。

二度とお願いしない。

人は人をみて値段を付けるのだろうか。。。

私のなかの人は、馬鹿野郎!!って叫んで炎上しているのです。

帰りにあまり腹が立ち、家の近所の作家さんを読んでお茶して帰りました。

帰ったら6時半、外は真っ暗。

明日は別の作家さんの工房見学に仲の良い作家さん達と見学にゆきます。

また明日から仲の良い作家さんの個展が始まります。

作家さんに助けられているのかな~

来年は東京に帰るというのは妄想にしかならないんだろうか

家にいて主婦をしている私はいつもの私。

夕方からお食事の用意してパパの帰りを待つ。

私は結婚以来ずっとこういう普通のおばさんだったのです。

やっぱ、私はこれが一番落ち着くんだと思います。

店をやっている私は虚構の私なのかも。。。

長々と綴ってしまいました。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。