スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学病院受診 

2013, 10. 11 (Fri) 12:41

半年ぶりの受診


今回は膝を中心にレントゲンを10枚以上撮りました。
変形性膝関節症はたいしたことないし年齢相応という事でした。
お隣の県の大学病院で診断名がついた坐骨神経症はそれは違いますとも言われました。
筋肉の疲労だそうです。

しかし骨がスカスカ状態でいつ崩れてバラバラになるかという状態だそうです。
手の骨で調べた骨量は平均よりかなり高かったのですが、部位によって違うそうです。
膝にヒアルロン酸だけは打ってもらってくださいと言われました。

大学病院にも定年があるのでいつまで面倒見れるのか。
また、手術した執刀医ではないので苦しい立場とも言われました。
地元先生に委ねてもいいんじゃないの?とも言われかなりショックです。
次回は半年後。大腿骨の骨密度を調べるそうです。
多分それで診察は打ちきりになると思って覚悟します。

ああ、私が自力で歩けるのはあと何年かしら。。。
今できることを今やらなければ。。。

他には髪を切ったり染めたり、友人のお宅にお邪魔したり、住宅展示場に行ったり忙しかったな~

病院もショックだったけど、もう一つショックな事もあったりしましたが、早く東京に帰りたい!!


いつやるの?

今だ!

そんな心境です。


余談ですが、骨粗鬆症の治療を始めるとインプラントの治療はできないんです。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。