スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャペルコンサート 

2005, 12. 05 (Mon) 11:38

アドベントの時期になりました。

昨日は近所の教会のチャペルコンサートに行ってきました。プロの音楽家の独唱、ピアノ演奏が聞けるということでままこ子と夫と3人で行きました。

コンサートは聖歌隊合唱から始まり、賛美歌111(かみのみこは)からピアノ独奏:バッハ=ヘス(主よ、人の望みの喜びを)~独唱:グリーく(ソルヴィエイグの歌)~~最後に全員合唱:賛美歌264(きよしこの夜)という構成でした。主よ、人の望みの喜びをは私の大好きな曲です。こういう時期はこれをパイプオルガンで聞くと最高です。今回はピアノだったので少し残念でした。でも私の好きなリストのハンガリー狂詩曲(第6番)が聞けてよかったです。帰りに回り道して駅前に行ったらクリスマスのイルミネーションがきれいだった。もう、今年も終わるんだと思った。

11月の最後の週の日曜日だったと思うけど、ままこ子の学校でやはりチャペルコンサートがありました。ままこ子高校最後のチャペルコンサートなのでパパと一緒に出かけました。礼拝堂前にはこんな可愛いツリーが飾ってあった。ついでの礼拝堂内部もパチリ。




チャペル1.jpg




ちゃぺる2.jpg





アドベント (Advent) とはキリストの降誕を待ち望む期間の事。 西方教会では、11月30日に最も近い日曜日(11月27日 - 12月3日の間の日曜日)からクリスマスイブまでの約四週間のこと。日本語では「待降節」または「降臨節」という。

アドベントの一日目をカトリック教会では「待降節第一主日」、聖公会では「降臨節第一主日」といい、カトリック教会、聖公会、ルーテル教会など教会歴を用いる西方教会ではこの日をもって一年の始まりとしている。「第一アドベント」とも言う。以下、「第二アドベント」、「第三アドベント」と週ごとに数え、「第四アドベント」がクリスマス直前の日曜日となる。

ろうそくを4本用意し、第一アドベントに1本、第二アドベントに2本、第三アドベントに3本、第四アドベントに4本のろうそくに灯をともす習慣がある。


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。